Vol.90 はぁ、今日も寝る時間が削られていく。 星川 哲視

Shadowbane

なにを書こうか迷いましたが、今かなりハマっているゲームがあるので、そのことを書きたいと思います。どれくらいハマっているかというと、仕事、睡眠、通勤、食事の時間以外はだいたいやっています(笑)。
あまり有名ではないのですが、ShadowbaneというタイトルのMMORPGなのです。Mac OS Xに対応したMMORPGというのはこれが初めてだと思います。
MMORPGとはMassively Multiplayer Online Role Playing Gameの略で、数百人から数千人規模のプレーヤーが同時に1つのサーバーに接続してプレイするネットワークRPGのことです。(出典元:http://e-words.jp/w/MMORPG.html)つまり、プレイヤー(自分)が出会う他のプレーヤーはすべてどこかの誰かだということです。コンピュータープログラムが動かしているモンスターなどを倒すのと違い、相手は生身の人間ですから一筋縄ではいきません。このゲームは基本的にPvPといって人間対人間の戦いを楽しむゲームですが、数多くある対人型MMORPGの中でも自由度が圧倒的に高いと評判のものです。これが、Mac OS X版で提供され、しかも日本ではライブドアが代理店をしているので、アプリケーションないが日本語なのはもとより、日本語でサポートを受けたり、イベントが行なわれたりします。
私はもともとまったくゲームをするタイプではないのですが、Mac OS Xに対応するネットワークゲームとはどんなものなのだろうか? という興味の元に昨年(2003年)4月末に開始されたベータテストプログラムに参加したのでした。そして、これがなんととても面白いのです。Windows版ではすでにいろいろなタイトルのゲームが世の中にはあるのですが、それらをベースにより自由度を高めたもので、まったくストーリーというものは用意されていません。街を作るのも、城を造るのも、人を倒すのも、お店を開くのも、すべてがユーザーに委ねられています。MacとWindowsのユーザーが入り乱れて、しかもアジア地域の共通サーバーなので、香港や台湾、マレーシアやシンガポール、オーストラリアなどのさまざまなプレーヤーと仲良くしたり、敵対して戦ったり、すべてユーザー同士のコミュニケーションでシナリオが描かれていくのです。
巷ではネットワークゲームが盛んになってきていますが、Macユーザーをターゲットに入れているゲームはほとんどないといっても過言ではありません(それゆえ日本のShadowbaneユーザーの半数くらいがMacユーザーらしいです)。今後、こういう楽しい世界をMacユーザーが享受できるようにソフトメーカーにはがんばって欲しいですね。
はぁ、今日も寝る時間が削られていく。
株式会社ヘビームーン
星川 哲視
音楽制作のためにMacを購入してからずっと愛し続けています。プロオーディオの輸入商社だった当社で「好きだから」ということでApple関連製品の輸入販売を始めました(笑)。
株式会社ヘビームーン( http://www.heavymoon.co.jp/)のマック関係を担当されている、星川さんです。イベント関係には必ずおられます。昨年のマック系大忘年会では、スポンサーの立場忘れての参加ありがとうございました。これからもマックユーザーに楽しい商品の提供をお願いします。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*